画質や画角って何?駐車監視機能は必須?COMTECのドライブレコーダーの選び方やおすすめまとめ

デジタル関連

昨今危険なあおり運転が横行しています。

そんな中、あおり運転や事故などをドライブレコーダーで記録した映像が、状況再現性の高さや証拠能力に優れており、ドライブレコーダーはいま爆発的な人気を得ています。

今や愛車を守るために必須ともいえるドライブレコーダー。

今回はCOMTEC(コムテック)のドラレコをピックアップしてご紹介。

でも仕様にある画質、画角って何?駐車監視機能は必須?など選び方についてまとめつつ、おすすめモデルをご紹介。

愛車とわが身を守るためにもドラレコは必須となっているような世の中です。

ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは、映像・音声などを記録するの車載装置のことです。 運転中に昨今横行している危険なあおり運転や、もしもの事故に遭遇した場合の記録はもちろん、停車中に愛車へ近づく不審人物も記録してくれるので防犯上の役にも立ってくれます。

防犯だけでなく旅行の際の思い出としてドライブの映像を楽しむことができ、今や愛車を守るために必須ともいえるものです。

ドライブレコーダーの選び方

愛車を守るためにぜひとも搭載したいドライブレコーダーですが、多機能であることからどのドライブレコーダーを選べば良いのか迷う方も多いと思います。そこでドライブレコーダーの選び方をまずはチェックしておきましょう。

ポイントは以下の通り。

・画質が良いものを
・画角が広いものを
・駐車監視機能付きのものを

画質が良いものを

画質は良いものを選びましょう。基本は「フルHD」以上。

というのも「相手のナンバーが読み取れるか?」というのが事故の際に証拠となるドライブレコーダー映像ではとても重要です。できるだけ画質のよいドライブレコーダーを選びましょう。

画質のよさは、主に「解像度」と「画素数」で表されます。

解像度はフルHDの「1920×1080」、画素数は「200万画素」以上を目安にしましょう。

 

画角が広いものを

事故は必ず真正面で起こるとは限りません。

前後左右斜め様々な角度から撮影できる画角(視野角)が広いドライブレコーダーの方が安心です。

ドライブレコーダーの画角には「水平画角」(横の撮影範囲)、「垂直画角」(縦の撮影範囲)、「対角画角」(斜めの撮影範囲)の3つがあります。このうち最も重要なのが水平画角。

できるだけ120°以上の水平画角を持つ機種を選んでおくことをおすすめします。

また2つのカメラで前後撮影できるドライブレコーダーがおすすめです。
人気のドライブレコーダーも前後2カメラで撮影できるタイプです。

前後2カメラのドライブレコーダーが人気であることから、各社が力を入れて開発しており、機能もハイスペックなものがそろっていますよ。

 

駐車監視機能付きのものを

駐車場へ停めていた時に当てられた、車にいたずらされたなんて場合に活躍するのが駐車監視機能。

駐車監視機能には、衝撃を感知して録画を開始するタイプ、常に録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ、動体を検知して録画するタイプの3種類があります。

車から離れている間に当て逃げ…なんて場合にも駐車監視機能付きであれば映像証拠が残せます。

できるだけ駐車監視機能付のドライブレコーダーを選びましょう。

COMTECのドラレコ

そんなドラレコで今回ピックアップするのがCOMTEC(コムテック)のドラレコ。

コムテックは愛知県に本社を置く自動車関連機器メーカーです。ドライブレコーダーや車に搭載するデジチューナーの主要サプライヤーに数えられ、エンジンスターターやポータブルナビなども含め、さまざまな自動車関連機器を手掛けています。

コムテックのドライブレコーダーは、日本の工場で作られており、品質保証体制もばっちり。

機種も前後2カメラ対応モデル、360°記録モデルなどとても豊富です。

以下そんなコムテックのドラレコを紹介。

ぜひチェックしてみてください。

HDR361GW

360°カメラとリアカメラがセットになった前後撮影タイプのドライブレコーダー。
前方からの事故だけでなく、側面や車内、後方の映像も記録できます。垂直視野角も240°あるので、通常の360°カメラでは映りにくい信号機も記録可能です。

リアカメラは200万画素の高画質で、あおり運転や追突事故の証拠映像にも問題なし。HDR搭載で、黒つぶれや白飛びに強いのでトンネルの出入り口や夜間の映像もキレイに記録できます。

常時録画・衝撃録画・マニュアル録画と3つの録画機能が備わっているのも魅力。記録した映像は本体の液晶画面やPCで確認可能。事故で電源が切れても記録した映像を保護してくれるバックアップ機能付きです。

HDR963GW

前後ともに200万画素のカメラを採用した前後撮影タイプのドライブレコーダー。視野角は168°あり、前方からの映像はもちろん、後方からのあおり運転や側面から追突されたときの映像も記録できます。

前後のカメラ両方にHDRが搭載。黒つぶれや白飛びに強いので明暗差が大きいトンネルの出入り口や夜間の映像もキレイに記録できます。

常時録画・衝撃録画・マニュアル録画と3つの録画モードの使い分けが可能です。

前の車への接近を検知して知らせる機能や、急ハンドルを検出して知らせる機能など、5つの安全運転支援機能も搭載。逆走時や、事故多発ポイントで通知されるGPS警報機能が搭載されているのもGOOD。

ZDR037

800万画素の360°フロントカメラと200万画素のリヤカメラを採用した、前後撮影タイプのドライブレコーダー。

垂直視野角も235°あり、通常の360°カメラでは映りにくい信号機も記録可能です。

イズの少ないSTARVIS搭載で、昼夜問わず鮮明な映像を残せます。

ZDR035

前後それぞれに200万画素のカメラを採用した、前後撮影タイプのドライブレコーダー。ノイズの少ないSTARVIS搭載で、昼夜問わず鮮明な映像を残せるのが魅力です。

衝撃を検出した際に自動で記録が開始されるGセンサーが搭載されており、事故に遭った際の録画し忘れが防げます。また、GPS搭載で、走行速度や位置情報も記録可能です。

そのほか、「後方車接近お知らせ機能」や「車速アラーム機能」など、計5つの安全運転支援機能が搭載されています。

ZDR016

前後それぞれに200万画素のカメラを採用した、前後撮影タイプのドライブレコーダー。ノイズの少ないSTARVIS搭載で、昼夜問わず鮮明な映像を残せるのが魅力です。

衝撃を検出した際に自動で記録が開始されるGセンサーが搭載されており、事故に遭った際の録画し忘れが防げます。また、GPS搭載で、走行速度や位置情報も記録可能です。

そのほか、「後方車接近お知らせ機能」や「車速アラーム機能」など、計5つの安全運転支援機能が搭載されています。

価格も他のモデルより安く、機能もしっかりしているので人気のモデルです。

コムテックのその他ドラレコ

コムテックのドラレコモデルは他にもあります。

気になった方はチェックしてみてください。

コムテックのドラレコをまとめて…

amazonでチェックする

楽天市場でチェックする

Yahoo!でチェックする

取付けは?

自分で取付ることもできますが、やはりおすすめはオートバックスなどへ依頼するのがてっとり早いです。

見た目もキレイになりますし、慣れない作業で四苦八苦するより楽です!!

検討してみてください。

 

コムテックの口コミ評判

コムテックのドラレコはどのような評価をうけているのでしょうか?

以下SNSで見かけた口コミをピックアップしてみました。
参考にしてみてください。

取付けを自分でされている方も多いようですが、苦戦されている方が多い印象です。
工賃はかかりますが、やはりお店に依頼するのがてっとり早そうです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はコムテックのドラレコについての紹介でした。

あおり運転や事故などをドライブレコーダーで記録した映像が、状況再現性の高さや証拠能力に優れており、今や愛車を守るために必須ともいえるドライブレコーダー。

まだ持っていない…なんて方はぜひ用意すべきですよ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
デジタル関連
シェアする
TAKEWORLD

コメント