早稲田慶応明治も!志望校合格するためには特化型専門塾がおすすめ!料金や口コミ評判など

大人向け

受験生の皆さん、こんな状況に陥ってないですか?

「受験勉強頑張ろう!」
「でも何から始めたらいいか分からない…」
「えっ…合格まで何をどうすればいいの……??」
「えっ……勉強したけど成績が上がらない…………」

そんな方は志望校特化型専門塾がおすすめです!

「志望校特化型専門塾」とはその名の通り、ある特定の志望校に絞って受験対策・勉強をするための専門塾。

各大学の「合格専門塾」には受験生を第一志望校へと合格させる「方法」が存在します。そんな裏技的なメソッドがたくさんつまっていますよ!

そんな志望校特化型専門塾のサービスを展開するのがシンゲキという会社。
今回はそんなシンゲキのサービスをまとめてみました。

「志望校に合格したい!」という方はぜひチェックしてみてだください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンゲキの志望校特化合格専門塾とは?

「志望校特化型専門塾」とはその名の通り、ある特定の志望校に絞って受験対策・勉強をするための専門塾です。

通常の塾の場合、様々な志望校の様々な生徒が集まり、一緒に勉強しますよね?
志望校特化型専門塾の場合は、同志であり受験のライバルでもある同じ志望校の生徒が集まり勉強する形になります。

お互いを意識し合い、切磋琢磨しながら勉強できるともいえますね♪

今回はそんな「志望校特化型合格専門塾」を提供しているシンゲキについてご紹介します。

受験生の皆さん、こんな状況に陥ってないですか?

「受験勉強頑張ろう!」
「でも何から始めたらいいか分からない…」
「えっ…合格まで何をどうすればいいの……??」
「えっ……勉強したけど成績が上がらない…………」

そんな状況の方はぜひともチェックしてみてください!

 

志望校特化型専門塾の特徴とメリットは?

各大学の「合格専門塾」には受験生を第一志望校へと合格させる「方法」が存在します。

現在の受験は定員削減、入試の変更、安定思考の受験生増加と一筋縄ではいきません…

第一志望校に向けて「綿密な受験対策」をとることが必要となってきます。

志望校特化型専門塾は、その志望校毎に合格のためのメソッドがあり、そのメソッドを取り入れて学習することで志望校合格を最短で目指せるのが最大のメリットです。

 

最短距離で合格が目指せる!

各志望校の過去問を徹底研究し、弱点から対策法まで全てデータベース化し、その情報をもとに、生徒一人一人にオーダーメイドの最短ルートカリキュラムを作成。

つまり「どのように学習を進めれば志望校に合格できるのか」を日ごと、週ごと、月ごとに徹底網羅したカリキュラムを作成し、提示します。

「今何をすれば志望大学に合格するかがわかる」が一目でわかるので最短距離の受験合格対策ができ、志望校合格までの道筋で1ミリも迷うことがなくなります。

 

複数の講師が自学自習を徹底指導!

シンゲキでは生徒1人に対して最高4人の講師が付きます。

生徒1人1人の教育密度を高め、志望校合格までのカリキュラム作成から日々の指導・分析・改善を行い、24時間365日質問可能な体制で合格までを最大4人でフルサポートしてくれます。

通常の予備校や塾では、1人の講師に対して数十人の生徒が授業を受ける形となりますがシンゲキは逆!
生徒よりも講師の数の方が多い体制になります。

 

予備校生よりも7倍速い「勉強法」

予備校生より7倍速い勉強法とは、「参考書による自学自習」です。

つまり、効率的に自学自習を行う方法を指導し、志望校合格を目指します。

「なぜ授業をしないで自学自習を指導するのか?」と思われるかもしれませんね。その理由は授業を受けるよりも「自分で勉強を受けること」の方が効率がいいから!

予備校の授業は週に1回しかありません。つまり月に4回しか進まないということです。しかし自学自習であれば月に30日も進めることが出来ます。

予備校生が週に1回しか進めない所、自学自習で毎日勉強を進めることで週に7回、つまり7倍の勉強を進めることが出来ます。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、自ら勉強することが成績向上の近道ですよ!

 

340本以上の動画でスピード学習!

各科目・各要項・各単元で担当講師が【5分~60分】の解説動画を【340本以上】用意。

つまり、勉強途中で分からない所があっても、その動画を見れば

「問題の解き方」
「覚えておかないといけないポイント」
「明治大学合格に欠かせないこと」

が理解できるようになっています。

担当講師による指導が終了しても解説動画があるので、復習することで、勉強で「迷う」ことがなくなります。

 

【週1回】宿題管理&5,000問以上のテスト!

指導ごとに1週間の宿題作成と、毎週のテストを行います。

みなさんは「PDCA」という言葉をご存知でしょうか?
PDCAはPlan(計画)、Do(実行)、Check(確認)、Action(改善)の頭文字をとった言葉で、効率的に業務を改善するサイクルのことを言います。

ここでいう業務改善とはつまり、「効率的な知識の習得」であり、以下のような位置づけとなります。

Plan:1週間に「どのような勉強をすればよいのか」を明確化
Do:勉強を進め、テストを実施…
Check:テストの結果で習熟度を確認
Action:今後の勉強の方向性を決定

習熟度が低い状態で先に進んでしまうとなかなか成績は上がらず、自分の首を絞めることになります。
シンゲキでは、このPDCAのサイクルをまわすことで着実に成績をアップし、合格までの道筋を立てる手助けをしてくれますよ♪

 

志望校を知り尽くした担当講師に質問し放題

受験生とは孤独な生き物。
自分で勉強しないといけないのはもちろん、どのように志望校に向かっていけばいいのか、一人で調べるのには限界があります。

しかしシンゲキの担当講師は、全員志望校を知り尽くした受験のプロフェッショナル。志望校のことなら、なんでも相談に乗ってくれます。

「志望校にどうやったら受かるのか?」「志望校合格のためにはどのような勉強が必要か?」といったことはもちろん!志望校により行きたくなる話等々いろいろ相談に乗ってくれるかと思います。

モチベーションを保つため・分からない所を改善するために24時間365日質問することが可能。回数に制限はなく、平日・休日・祝日問わずいつでも何度でも質問をすることができます。

 

驚愕の合格保証制度!

シンゲキのサービスでは各専門塾のカリキュラムで勉強したのにもかかわらず、志望大学に合格できなかった場合は入会から退会までの月謝代・教科書代をすべて返金するという、驚愕の合格保証制度があります。

これだけでも「合格させる!」という圧倒的な自信がみてとれます。

ただし保証を受けるには以下のような条件があります。

❶毎回のテストに合格(1回の猶予あり)
❷志望大学の個別学部入試を3学部以上受けること(理系は2学部)
❸特別な事情を除く欠席行為がないこと
❹受験年度始めに、3教科以上の受講で開始をし受験終了年度まで継続をすること
例:高校3年生4月1日・既卒4月1日~次年度2月まで
❺入試を受ける年度の6月31日までに入会すること
例:2020年度入試であれば2019年度6月31日までに入会をすること
❻一般入試であること(総合型選抜・英検利用試験は対象外)
❼試験年の2月まで受講を継続すること
例:2020年度入試であれば2020年度2月までに指導を継続すること

「条件があるのはなんだかずるい」と疑問に思う人もいるかもしれません。

ですが、単に保証制度をつけると「合格保証制度があるから」と勉強をおろそかにしてしまう人も出てしまいます。

「合格保証制度」の条件は、真剣に勉強に取り組み、結果を出すためのモチベーションを保つ意味合いもあります。

「楽して合格できる」そんな甘い話は存在しません。
普通の努力でする勉強は普通の結果しか返ってきません。
並外れた努力をしなければ、並外れた結果は返ってきません。

志望校合格は生半可な努力ではかなえられないのです。

「合格保証制度」の条件は、本気で勉強に取り組むための環境づくりとしてとらえましょう!

本気で取り組めば結果はついてくるものですよ!

 

どんな志望校(コース)がある?

シンゲキの志望校特化専門塾の対象大学は、GMARCH各大学(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)をはじめとする以下の通りです。

この中に志望校があるなら要チェックです!

 

効果は?口コミ評判は?

効果はあるのか?評価はどうなのか?など実際に受講した人の口コミや評判って気になりますよね?

以下インタビュー動画がありましたのでチェックしてみてください。

「偏差値30から8月(残り6カ月)入会で大学経営学部に合格しました!」
W・碧土くん(男性)
勉強開始当時は絶望的な偏差値30。
最終的には国語の偏差値も30ほど上げ、世界史9割を取れるほどに。
明治大学経営学部合格。

「偏差値50レベルから9月入会(残り5カ月)で法政大学経済学部に合格しました!」
山崎さん(女性)
浪人という「後がない」プレッシャーの中、もっと勉強を頑張りたいとMEI-PASSを利用。残り5カ月という短い期間で必死に勉強をして法政大学経済学部に合格!

その他にも実際に受講した方の感想はYouTubeにもアップされています。
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

>>シンゲキのYouTubeチャンネルはこちら

 

塾はどこにある?オンラインで全国可能!

受講形態は「オフライン受講」「オンライン受講」の2つの形態があります。

オフライン受講

浜松町オフィスにて直接指導を⾏うコースです。
東京在住の方限定で講師による白熱した指導を受講可能です。
オンラインにはない「熱量」を体感できます。

住所:〒105-0022 東京都 港区海岸1-4-22 SNビル
アクセス:浜松町駅から徒歩5分 竹芝駅から徒歩5分 大門駅から徒歩5分

 

オンライン受講

全国どこでもオンラインで受講できる方法です。

北は北海道、南は沖縄まですべてを網羅し、スマホを用意するだけであなたのお家が「志望校対策塾」へと早変わりします。

近くに予備校・塾がない方、あっても時間を要す場合はオンライン受講形式を取ることをオススメします。
地方だと近くに志望校関係者がいないためにモチベーションを上げられないこともありますが、オンライン受講ならあなたのお家で、志望校に合格させるプロ講師がマンツーマンで指導してくれますよ。

>>無料説明会の申込みはこちら

 

料金は?

シンゲキのコースや料金は以下の通り。
何教科受講するかで料金が変わってきます。

自分の選択する科目に合わせて科目数を増やしてみてください。

 1教科特訓2教科特訓3教科特訓4教科特訓
費用(税込)35,000円/月65,000円/月89,400円/月119,200円/月
時間50分×4回50分×8回50分×12回50分×16回
回数月4回指導
(週1回)
月8回指導
(各科目週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
月16回指導
(各科目週1回)
講師1人2人3人4人
合格保証対象外対象外対象内対象内

※高校3年生・既卒年度の「6月」までに(6月最終日)までに「3教科特訓コース」を開始する受験生が合格保証の対象内になります。

 

その他に入塾してから一定期間在籍後に、過去問対策講座の案内もあります。(任意受講)
特別講座は集団、個人指導の2パターンがあります。

過去問講座集団個別
費用29,800円49,800円
時間90分×4回60分×4回
回数月4回指導
(週1回)
月4回指導
(週1回)

 

上記料金は『一般入試』の方向けのコース料金です。
一般入試の他に総合型選抜のコースもあります。

総合型選抜コースでは志望理由書対策、面接対策、小論文対策コースが設けられています。

気になる方はチェックしてみてください。

>>無料説明会の申込みはこちら

 

不安を払拭!無料説明会に無料体験も!

シンゲキのサービスには「無料説明会」「2週間無料体験」があります。

無料説明会は講師に直接相談が出来る環境が用意さされており、生徒だけでなく保護者の方も参加可能。
また講師の指導を実際に体験できる「無料体験」もあります。

入会が不安という方は、まずは「無料説明会」で色々質問して不安を払拭。
「2週間無料体験」でどのような指導なのかを実際に体験してみましょう。

無料体験は無料説明会に参加した受験生の方が受講可能ですのでまずは無料説明会に応募しましょうね。

無料説明会の申込は一括でMEI-PASSのLINEアカウントからの申込になります。
以下のリンクからも申し込みが可能です。

LINEの友だち登録後、無料説明会を希望したら応募フォームが送られてくるのでそちらから申し込みましょう。

>>無料説明会の申込みはこちら

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は志望校特化型専門塾のサービスを展開するのがシンゲキと、そのサービスについてのご紹介でした。

「受験勉強頑張ろう!」
「でも何から始めたらいいか分からない…」
「えっ…合格まで何をどうすればいいの……??」
「えっ……勉強したけど成績が上がらない…………」

そんな方は志望校特化型専門塾がおすすめです!

「志望校特化型専門塾」とはその名の通り、ある特定の志望校に絞って受験対策・勉強をするための専門塾。

各大学の「合格専門塾」には受験生を第一志望校へと合格させる「方法」が存在します。そんな裏技的なメソッドがたくさんつまっていますよ!

気になった方はまず無料説明会への参加を申し込んでみてはいかがでしょう。

>>無料説明会の申込みはこちら

 

(本記事の画像引用元:シンゲキホームページより)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人向け
シェアする
TAKEWORLD

コメント