コスパは?釣りにも普段使いにもおすすめのゼクー偏光サングラス!人気モデルは?

サングラス

釣りをするとき水面で反射した光で水中が見えない…

ドライブ中に車のガラスに映りこんだものが気になる…

そんな経験ありませんか?

そんな時に重宝するのが偏光サングラス!!

今回はプロアングラー(プロの釣り人)からも絶大な信頼を得ているゼクーの偏光サングラスの紹介です。

釣りだけでなく、サーフィンや自転車などのアクティビティから普段づかいでも使用できる偏光サングラス。

是非お気に入りの一本を見つけてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼクーって?

画像引用元:ゼクーHPより

Zeque(ゼクー)は1996年に創立(当時はZEAL OPTICS)。特に光学性能・軽量性・フィット感などに高い水準が求められるのがフィッシング。

 その水準を満たす製品がどこにも存在しなかったため、日本国内で偏光サングラスの開発をスタート。

現在では フィッシングだけでなく、サーフィンやスノーボード、自転車など様々なアスリートから支持されています。

ゼクーのサングラスの特徴

反射光を抑える偏光レンズ

ゼクーは紫外線やまぶしさを防ぐだけではなく、視界を妨げる反射光をカットしてくれる、偏光レンズのサングラスを専門としています。

特にゼクーが強みを持つフィッシングだと、水面からの反射光がまぶしくて、水中に魚がいるかどうかわからない…

そんな時にゼクーの偏光サングラスがあれば反射光を抑えてくれるので水中の視認性もバツグンにアップします。

画像引用元:ゼクーHPより

日本人に合わせたレンズの形状

日本人の顔に合わせつつ、視界の違和感や遠近感の狂いを解消するため4カーブ、6カーブレンズと呼ばれるレンズが採用されています。

画像引用元:ゼクーHPより

フィット性バツグン

日本人の顔に合わせた最適なフィット感を得るための形状を徹底的に追究。

フレームの重要部は十分な調整幅と柔軟性が確保されているので 動きのあるアウトドアの使用でも問題なし!!


画像引用元:ゼクーHPより

コスパは良い?悪い?

コスパの感じ方は人によってマチマチ…といった価格帯のサングラスですね。

価格は1本2~3万円くらいです。

とはいえ釣りだけでなく、普段使いするにもおしゃれでかっこいいのがゼクーのサングラス。

私自身釣りも運転もするので、
普段から使用できるゼクーのサングラスは断然アリです!!

ゼクーの人気サングラスモデル

HOVER

一日を通してフィールドで活動するプロアングラー、熱心なウィークエンドアングラーなど、多くの方に支持されるモデル。


画像引用元:ゼクーHPより

Devon


画像引用元:ゼクーHPより

視線を動かしても揺れや歪みが発生し辛いく、距離感もつかみやすいモデル。オーダーメイドで度付き偏光を検討されている方にも最適のモデルです。

 

OPA

画像引用元:ゼクーHPより

眼鏡の上からでも重ね掛けが可能なモデル

【対応する眼鏡サイズ】
横幅:外寸で134mmまで
縦幅:外寸で43mmまで

 

JET


画像引用元:ゼクーHPより

普段使いからアクティビティまで幅広く使えるモデル。ツヤを抑えたマット仕上げのカーボンブラックが美しい。

 

その他のモデル

その他にもいろんなモデル、カラーが展開されています。

気になる方はこちらからチェックしてみてください。

その他モデルはこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

反射光を抑えてくれて視認性UP間違いなしのゼクーの偏光サングラス。

釣りの釣果UPには欠かせない一品です。

この機会に是非お気に入りの一品を見つけてくださいね!!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サングラス
シェアする
TAKEWORLD

コメント