効果ない?森永inバープロテインの種類や味・安いのはどこ?

プロテイン

今回は森永のinバー プロテインについてご紹介。

コンビニやドラッグストアで簡単に手に入り、手軽にタンパク質を摂取することができるプロテインバーのinバー プロテイン。

そんなinバープロテインにはどのような種類や味があるのか?どこで買うのが安いのかなどをまとめてみました。

また実際に食べてみて効果についても検証してみたので是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもプロテインって何?


引用元:Amazon

プロテイン(protein)は、たんぱく質のこと。しかしながら日本語で日常的に使われる「プロテイン」という言葉は、たんぱく質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指すことが多く、本記事でもその位置づけで使用します。

たんぱく質はご存知の通り、骨や筋肉には欠かせない重要な栄養素です。タンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなんかも身体には欠かせませんよね。
そんな栄養素を普段の食事以外で簡単に摂取できるのがプロテイン。

プロテインは「カラダづくりのため」、「タンパク質摂取量が不足しがち」などの理由から、アスリートやボディビルダー、スポーツに励む人などがカラダづくりのために飲むだけでなく、美容意識の高い人や栄養素摂取不足が気になる人など、幅広く飲まれています。

 

森永のinバープロテインについて


引用元:Amazon

そんなプロテインをお菓子感覚で簡単に摂取できるのがプロテインバーであり、森永から販売しているプロテインバーが「inバープロテイン」シリーズ。

inシリーズだと”10秒チャージ”のキャッチフレーズでお馴染みの「inゼリー」が有名ですね。

inバープロテインは小腹が減ったときの栄養補給に最適な高タンパク質、低糖質のプロテインバーであり、1本でタンパク質を10g~15g摂れる栄養バランス食品です。

どんな人におすすめ?

外出先でも手軽に高タンパク質、低糖質のスナックを食べたい男性・女性におすすめです。
また甘いものを食べたいけど、スリムな身体はキープしたいという方にもinバープロテインは、おすすめです。

その他、「カラダづくりのため」、「タンパク質摂取量が不足しがち」など、美容意識の高い人や栄養素摂取不足が気になる人なども手軽に摂取できるのでおすすめです。

 

味の種類やおすすめは?

inバープロテインは大きくわけると以下3つのタイプにわけることができ、全6種類あります。

焼きチョコ(クッキー)タイプ
ウェファースタイプ
グラノーラタイプ

それぞれどのような味があるかチェックしましょう。

焼きチョコ(クッキー)タイプ

inバー プロテイン ベイクドチョコ

商品タイプ焼きチョコタイプ
摂取目的いつでもどこでも手軽に
タンパク質補給
摂取タイミング仕事中の間食
運動後のタンパク質補給
商品特徴タンパク質15g配合
ビタミンB群(7種類)添加
アーモンド入り
甘さ控えめ

1本で鶏むね肉80gとほぼ同量のたんぱく質が補えます!

時間がなく偏りがちな朝食や昼食など、たんぱく質が少ないと感じる食事にプラスしたり、激しい運動後で食事がとりづらい時のたんぱく質補給にしたりで活用できます。

エネルギー量は209kcalで、さらにビタミンB群が7種類含まれているので、小腹が空いたときの補食やおやつの代わりにもおすすめです!

 

inバー プロテイン ベイクドビター

商品タイプ焼きチョコタイプ
摂取目的いつでもどこでも手軽に
タンパク質補給
摂取タイミング間食や食事シーンに
運動後のタンパク質補給
商品特徴タンパク質15g配合
プロテインの働きを強めるEルチン配合
ビタミンB群(7種類)添加
ロカボ対応
甘さ控えめ

ベイクドチョコに比べて甘さが控えめなので、甘さが苦手な方も食べやすいかと思います。

食物繊維が6.8gも含まれているので、野菜の摂取量が少ない日や、腸内環境を気にされている方にもおすすめです。

ウェファースタイプ

inバー プロテイン ウェファーバニラ

商品タイプウェファースタイプ
摂取目的いつでもどこでも
糖質を抑えながらタンパク質補給
摂取タイミング活動中の間食に
運動後のタンパク質補給
商品特徴タンパク質10g配合
プロテインの働きを強めるEルチン配合
ビタミンB群(7種類)添加
ロカボ対応

バニラ味のクリームをココア味のウェファースでサンドしたウェファータイプのため、おやつ感覚で召し上がれます。

また、鶏むね肉(皮なし)50gとほぼ同量のタンパク質10gがこの1本に含まれています。

ロカボ対応していることから、糖質の量を気にされている方にもおすすめです。

inバー プロテイン ウェファーカフェオレ

商品タイプウェファースタイプ
摂取目的いつでもどこでも
糖質を抑えながらタンパク質補給
摂取タイミング活動中の間食に
運動後のタンパク質補給
商品特徴タンパク質10g配合
プロテインの働きを強めるEルチン配合
ビタミンB群(7種類)添加
ロカボ対応

卵1.5個分とほぼ同量のタンパク質10gが入っており、手軽にタンパク質が補給できます。

また、1本で糖質7.3gとロカボ対応しているため、糖質量を気にしている方の間食にもおすすめです。

カフェオレ味で食べやすく、おやつ感覚で召し上がれます。

 

inバー ジュニア プロテイン ウェファーココア

商品タイプウェファースタイプ
摂取目的成長期サポート
ジュニアのタンパク質補給
摂取タイミング朝食や間食に
商品特徴タンパク質8g配合
カルシウム530mg配合
鉄分7mg配合
ビタミンD、ビタミンB群(7種類)添加
森永製菓のココア使用

ジュニアアスリートにとって重要な成長期をサポートしてくれる商品です。
ココア味のクリームとウェファースタイプのバーで、おやつにおすすめです。

タンパク質は8gで他のプロテインバーと比べて少なく、摂り過ぎに配慮されており鉄分は、鶏レバー約80g相当の7mgを、カルシウムは牛乳約500ml相当の530mgを1本で補うことができます。

 

inバー プロテイン グラノーラ チョコアーモンド

商品タイプグラノーラタイプ
摂取目的いつでもどこでも
糖質を抑えながらタンパク質補給
摂取タイミング朝食や間食シーンに
運動後のタンパク質補給
商品特徴タンパク質10g配合
プロテインの働きを強めるEルチン配合
ビタミンB群(7種類)添加
ロカボ対応

軽い食感で、チョコレートとアーモンドの風味がよく、朝食シーンにおすすめです。

1本で糖質9.1gとロカボ対応しているため、糖質量を気にしている方の間食にもおすすめです。

チョコレートは暑さですぐに溶けてしまいますが、inバータイプは、すぐに溶ける心配がないため、持ち運びにも重宝します。

 

実際に食べてみた

実際にinバー プロテインを食べてみました。

食べたものは以下の写真の通り。

上から
ウェファースタイプ(ウェファーバニラ)
焼きチョコタイプ(ベイクドビター)
グラノーラタイプ(チョコアーモンド)

ウェファーバニラのレビュー

まずは成分表をチェック。

1本37gあたり193kcalと結構エネルギー量ありますね。
で脂質10.3g、糖質13.7g……

ちょっとひっかかる気持ちを抑えて実食!

………………

うん!味は美味しい!
特にバニラ味のクリームが程よい甘さで、コーヒーを飲みながら食べるととても美味しいです。

ただ口の中の水分がなくなる。
水分ないとキツイかもWWW

結構ボリュームもあるので補食として食べるのは良さそうですね。

ベイクドビターのレビュー

1本43gあたり199kcalとこちらも結構エネルギー量ありますね。
で脂質10.7g、糖質6.0g……

こちらもちょっとひっかかる気持ちを抑えて実食!

………………

うん!こちらも美味しい!
食感はカロリーメイトをしっとりさせたような感じ。

甘さ控えめなのでハイカカオチョコが好きな人には良いかも。
ベイクドチョコもあるけど自分はこの甘さでよしです。

ウエファース同様にコーヒーとぴったりなので、おやつ感覚で食べれました。

チョコアーモンドのレビュー

1本33gあたり135kcalとこちらは前の2つよりもエネルギー量少なめですね。
で脂質5.3g、糖質9.1g……

やっぱりひっかかる気持ちを抑えて実食!

………………

このグラノーラの食べごたえがお腹が満たされる気がして良いですね。
個人的にはもう気持ちザクっと?サクサクっと?した感じがあると良いかな?
ちょっと湿気たような感覚なのが…たとえるなら湿気たいわおこし?

チョコアーモンドってなっていますがあまりチョコチョコしい感じはなく、甘さもひかえめな印象です。

ただ他のものに比べてカロリー、脂質が少な目で食べ応えがある点はGOODです。

 

効果ない?inバー プロテインのメリット・デメリット

今回タイプ別に各1本ずつ食べてみました。

率直な感想としては本格的に身体を鍛えている、ダイエット食の一環としてと考えるのであればいまひとつ。
というのもレビュー中にもひっかかったのは、エネルギー量と糖質量。

というのも最近私がハマっているプロテインバーと比較した際にあまりにも数字が異なったから。

PhDのものと数字を比較してみましょう。

商品名inバー プロテイン
ベイクドビター
PhD スマートバー
クッキー&クリーム
内容量43g64g
エネルギー199kcal241kcal
タンパク質16.2g20g
脂質10.7g11g
糖質6.0g1.9g

内容量が異なるのでパッと見ではわかりづらいので内容量10gあたりで考えてみましょう。

するとこうなります。

商品名inバー プロテイン
ベイクドビター
PhD スマートバー
クッキー&クリーム
エネルギー46.3kcal37.7kcal
タンパク質3.8g3.1g
脂質2.5g1.7g
糖質1.4g0.3g

タンパク質は多くても良いのですが、それ以外の数値もnバープロテインの方が多い…ウェファースタイプはこれ以上ですからね…

なのでダイエット中の補助食品となると私ならPhDを購入しますかね。
というか運動しない人がこれを食べると太るのでは??

ちなみにPhDのスマートバーが気になるという方はこちらをチェックしてみてください。

PhDのプロテインバー「スマートバー」どこで売ってる?おすすめは?
PhDはイギリス売上No.1のダイエットプロテインブランドであり、「スマートバー」は、累計販売本数3,000万本以上の大人気商品。そんなスマートバーの特徴やどこで買えるの?おすすめの味は?などまとめてみました。

ですが、糖質を抑えて甘いものを摂取したい、タンパク質を簡易的に摂取したい方にはinバープロテインは良いかと思います。
コンビニやドラッグストアで簡単に手に入る、価格も手頃という点はグッドポイント。

PhDのものはコンビニ、ドラッグストアどころかAmazonや楽天でも購入できませんし、1本のお値段がお高いですからね…

 

安く買うには?

今回Amazon、楽天、Yahoo!とまとめてみましたが、見た感じでは大手通販サイトで購入するのであればAmazonが安い印象があります。

またコンビニでも販売されていますが、コンビニだとお高いですよね…
通販サイトを使用しないのであればドラッグストアでの購入が無難かと思います。

安く買うならe-fitproがおすすめ

大手通販サイト以外でおすすめなのがこちら「e-fitpro」

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
卸商社だからこそできる低価格[e-fitpro]

というかフィットネス用品やサプリメント・プロテインを格安で買いたいならここが良しです。

会員専用のサイトなのでアカウント登録は必要ですが、間違いなく安いです!!
※登録は無料

送料も5千円以上で無料になるのでこちらでまとめ買いするのが一番お得かと思います。

気になった方はチェックしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は森永のinバー プロテインについてでした。

コンビニやドラッグストアで簡単に手に入り、手軽にタンパク質を摂取することができるプロテインバーのinバー プロテイン。

味もおいしく、補食として扱いやすいかと思います。
ただしカロリーと糖質が多めなので食べ過ぎには注意しましょうね。

その他プロテインバーについても知りたいという方はこちらをチェックしてみてください。

PhDのプロテインバー「スマートバー」どこで売ってる?おすすめは?
PhDはイギリス売上No.1のダイエットプロテインブランドであり、「スマートバー」は、累計販売本数3,000万本以上の大人気商品。そんなスマートバーの特徴やどこで買えるの?おすすめの味は?などまとめてみました。
安いけどまずい?太る?大塚製薬ソイジョイは高タンパク低糖質!種類や味・安いのはどこ?
コンビニやドラッグストアで簡単に手に入り、手軽にタンパク質を摂取することができる大塚製薬のソイジョイ。種類や味、どこで買うのが安いかなどをまとめてみました。実際に食べてみたレビューもありますよ。太るのか気になりませんか?
アサヒ1本満足バーはおいしいけど太る?種類や味・安く買えるのはどこ?
コンビニやドラッグストアで簡単に手に入り、手軽に食物繊維やビタミン、タンパク質が摂取できるアサヒの1本満足バー。1本満足バーにはどのような種類や味があるのか?どこで買うのが安いのかなどをまとめてみました。太るのか気になりませんか?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロテイン
シェアする
TAKEWORLD

コメント