1月7日は七草粥!七草って何?由来は?七草雑炊もおすすめ

季節ネタ

今回は1月7日に食べる行事食、七草粥について。

七草粥って何?由来は?春の七草とは?など七草粥についてまとめてみました。

知ってました??

七草粥は年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を労わり、冬に不足しがちなビタミンを補ってくれる非常に理にかなった健康食なんですよ?

これを読んで季節行事を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七草粥とは?

七草粥とは1月7日の人日(じんじつ)の節句に食べる行事食です。

七草粥は名前の通り「春の七草」が入ったお粥。

「春の七草」が入ったおかゆを1月7日の朝に食べると、1年間を無病息災で過ごせるとされています。

人日の節句とは?

1月7日、人日の節句は1年のうちで最初の節句であり、「人を大切にする」という意味を持つ日。

「人を大切にする」ということから、昔は「この日だけは犯罪者を処罰しない日」とされていたと言われています。

なぜ七草粥?由来は?

中国の唐の時代、人日の日には七種菜羹(ななしゅさいのかん)と呼ばれる、七種類の野菜が入った汁を食べて、無病息災を願ったと言われています。
この七種菜羹という風習が、平安時代になって、日本に伝わってきたといわれています。

江戸時代になると、幕府が「人日の節句」を季節行事として取り入れ、七種菜羹という風習と結びついたことにより、現在の「1月7日に七草粥を食べる」という風習ができたと言われています。

春の七草とは?

春の七草は、この季節に若菜が生える7種類の草。

その春の七草は以下の通りです。

春の七草には、ひとつずつ意味が込められています。

それぞれ意味をみていきましょう。

※七草粥は地方によって食材が異なる場合があります。

せり

芹(せり)は、芹の若葉が競り合うように生えていることからついた名前で、「競り勝つ」という意味が込められた縁起物です。
鉄分が多く含まれており、爽やかで独特な香りが食欲を刺激する効果があります。

なずな

ペンペングサと聞いたらわかる方も多いのでは?

なずなには「撫でて汚れを取り除く」という意味が込められており、解熱作用や、利尿作用があると言われています。

ごぎょう

「御形(仏様)の体」という意味が込められています。
痰や咳、のどの痛みに効果があり、風邪予防に良いとされています。

はこべら

「繁栄が広がる」という意味が込められたはこべら。
お正月の暴飲暴食で疲れた胃に良いとされています。

ほとけのざ

その名の通り「仏様が座っていらっしゃる」という意味がこめられたほとけのざ。
はこべら同様に胃を健康にし、歯痛にも効果があると言われています。

すずな

「神を呼ぶ鈴」で縁起物とされてきたすずな。
すずなというとピントこないかもしれませんが、カブのこと。

こちらも胃腸、消化促進に良いとされており、冬のしもやけにも効果があると言われています。

すずしろ

「汚れのない清白」という意味がこめられたすずしろ。

写真を見てお分かりのようにダイコンです。

「汚れのない清白」というように美肌効果に優れています。
その他消化、風邪予防にも良いとされています。

 

健康食として優れる七草粥

それぞれの効果からわかるように、これら春の七草が入った七草粥はお正月明けのこの時期にぴったり。

年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸…ビタミン不足…心当たりありませんか?
七草粥はそんな体を労わってくれる、非常に理にかなった健康食でもあります。

 

七草雑炊もおすすめ

我が家では七草粥ではなく七草雑炊でいただいています。

大きな土鍋で作って家族団らん。
(朝ごはんではなく晩ごはんですが…)

私はシンプルな七草粥でも良いのですがこどもがお粥がそこまで好きではなく…
でも味がついた雑炊は好きなのでこどもの好みで雑炊にしています。

みなさんもためしてみてはいかがでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は1月7日、1月7日の人日(じんじつ)の節句に食べる行事食、七草粥についてでした。

七草粥は年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を労わり、冬に不足しがちなビタミンを補ってくれる非常に理にかなった健康食でもあります。

みなさんも季節行事を楽しんでみてくださいね♪

その他にも日本には季節行事がいっぱい!

その他の季節行事についてはこちら

【日本の季節行事一覧】由来やすごし方を知ってとことん楽しもう!!
日本には四季折々の伝統行事がたくさんあります。変わることなく大切に受け継がれてきた年中行事。ですが、なんとなく知ってはいても、詳しい由来や意味、正しいルールを実はよく知らないもの。知っておけば季節の行事をより一層楽しめますよ♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
季節ネタ
シェアする
TAKEWORLD

コメント