値段が高い?口コミ評判は?DREAM BEER(ドリームビア)のクラフトビール配送サービス

お酒・飲み物

今回は会員制クラフトビール配送サービス「DREAM BEER」について。

DREAM BEERは「家で本格的なビールを飲みたい!」という潜在的ニーズに応えるべく、2021年6月にリリースされた、日本で初めて、全国各地の様々なブルワリーのビールを 家庭用本格ビールサーバーで楽しめるサービスです。

家庭用本格ビールサーバーで50ブルワリー100銘柄以上の中から好きな銘柄を自由に組み合わせて2本から注文可能。

そんなDREAM BEERのサービスについて、クラフトビールの豆知識とあわせてサービスの概要や口コミなどまとめてみました。

自宅でのビール需要が高まる中、全国各地のクラフトビールを気軽自宅で楽しめますよ♪

充実したおうち時間になること間違いなしです。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DREAM BEERとは?

DREAM BEERは2021年6月にリリースされた、会員制クラフトビール配送サービス。

 「家で本格的なビールを飲みたい!」という潜在的ニーズに応えるべく誕生。
日本で初めて、全国各地の様々なブルワリーのビールを 家庭用本格ビールサーバーで楽しめるサービスです。

家庭用本格ビールサーバーで50ブルワリー100銘柄以上の中から好きな銘柄を自由に組み合わせて2本から注文できます。

新型コロナウイルスの影響で自宅でのビール需要が高まる中、全国各地のクラフトビールを自宅で楽しめますよ♪

充実したおうち時間になること間違いなしです。

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

クラフトビールとは?

クラフトビールの定義ってご存じでしょうか?

簡単に定義をすると下記の3点になります。

・小規模であること
・独立していること
・伝統的であること

小規模の基準は年間生産量70キロリットル以下とされている、独立はクラフトビールメーカ以外の酒造メーカーに所有されていたりしないということ。

伝統的に関しては、麦芽100%のビールを主力商品としているか、その大半が麦芽100%のビールであることとされている。ただし、味わいの特徴を強めるためにその他の原料を使っている場合は麦芽100%にこだわる必要はない。とされている。
※日本ビアジャーナリスト協会掲載

地ビールの業者は、大手メーカーから独立しており、メーカーの所有や運営ではありません。

1度の仕込みで製造される麦汁は20キロリットル以下のため、醸造者の管理も徹底されています。
小規模の醸造所が多いため、大手メーカーのものと比べると、地ビールは希少です。

また、クラフトビールは地域の特産品を原料にしているか、伝統的な製法を継承しています。

これらを踏まえたものが、クラフトビールと呼ばれるビールとなります。

 

クラフトビールの歴史

突然ですがクラフトビールっていつからあるかご存じですか?

クラフトビールの始まりは1970年代アメリカで自宅で「自分の飲みたいビール」を作り出したことと言われています。
その後、自家醸造をしていたビールファンが小規模なビール醸造所を作りクラフトビールが誕生しました。

では日本では?というと、日本でビールを作る為には「ビール製造免許」が必要です。

その製造免許を取る為には年間で2,000キロリットル以上のビールを製造しなくてはなりませんでした。
その為日本で流通しているビールは大量生産に向いていたラガービール、特にピルスナーというビールでした。
俗に言う「普通のビール」になります。

年間2,000キロリットル以上の大量生産になると、もちろん大きな施設等が必要になる為「ビールを作る」という業界に入ることは非常に困難でした。

ですが、1994年に規制緩和で2,000キロリットル→60キロリットルまで引き下げられました!

この規制緩和によって、小規模なビール醸造所が多く生まれ、多彩でおいしいクラフトビールが楽しめるようになりました。

現在では日本には約500ヵ所のブルワリーがあり、そのすべてが自家醸造のクラフトビールを作っています。

ブルワリーのこだわりぬいたクラフトビールが美味しくないわけがありません。

 

クラフトビールと生ビールの違い

ではクラフトビールと生ビールの違いは何なのでしょうか?

そもそも生ビールとは、熱処理をしていない”生の”ビールの事を言います
ビールは濾過処理がされるのですが、処理の方法によってラガーとエールという風に分けられます。

10℃前後で発酵する下面発酵酵母を使用したビールが「ラガー」、15〜25℃で発酵する上面発酵酵母を使用したビールが「エール」と呼ばれています。

日本の大手メーカーが出している生ビールはほとんどが、「ラガー」であり、さらにピルスナーという黄金色のホップが効いている生ビール。

生ビールといえばのど越しを楽しむというのが一般的になっていますが、これは高温多湿の日本においてピルスナーのスッキリさと苦味による爽快さが広く受け入れられた事が背景となります。

また、ラガーの発酵の下面発酵は。低温なので雑菌が繁殖しにくいうえに、品質を保ちながらの大量生産が可能となっていることも大手メーカーがピルスナーを主に販売している理由。

 

一方でクラフトビールも熱処理を行っていないビールにはなるのですが小規模なブルワリーで、伝統的な方法・地域の特産品などを原料にした個性あふれるビールの為、大手メーカーの生ビールとは全く違う味わいとなっているのが特徴。

ビールの種類(ビアスタイル)は全世界で100種類以上あると言われていますが、日本の生ビールはほぼピルスナーとなっています。
100種類以上楽しめるはずのビールが、日本ではほとんど楽しめていないという非常にもったいない状況。

クラフトビールは各ブルワリーが個性あふれるビールを醸造しているので、のど越しを楽しむ生ビールとは違い、その土地土地の特産品の香りや味わいを楽しむことができますよ!

 

本格ビールサーバーで楽しめる!DEREAM BEERのサービス

今回ご紹介するDREAM BEERは、そんな各ブルワリーの個性あふれるクラフトビールを、本格ビールサーバーで家庭で気軽に楽しめる「クラフトビール配送サービス」

写真のビールサーバーはDREAM BEERのサービス専用に開発された、本格サーバーであり、ビールを購入すればレンタル無料!
(ビールの購入がない月はレンタル料3,300円)

ビールサーバーは、多彩なクラフトビールの銘柄を手軽に楽しめるように、独自の抽出機能を搭載し、セッティングも簡単。

ワインセラーなどにも用いられる繊細な温度管理も搭載している本格仕様です。

ビール本来の豊かなフレーバーを引き立てる本格サーバーが 全国のブルワリーと自宅をダイレクトにつなぎ、 できたてのおいしさと新しいビール体験を届けてくれますよ♪

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

どんな種類のクラフトビールがある?

DREAM BEERでは定番のピルスナーから、流行りのIPA、女性に人気のフルーツビールなど多彩な銘柄が楽しめます。

そして全国か様々な受賞歴のあるブルワリーが参加しているのも魅力。

それぞれのビールの特徴は以下の通り。

DREAM BEERで扱われている銘柄の数は全国100銘柄以上。

ここでは紹介しきれないので気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

ちなみに送られてくるビールは1本1.5LのPETボトルとなるので、保管は冷蔵庫でできますよ。

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

プランは?値段が高い?

プランは大きくわけて「都度購入プラン」「定期購入プラン」の2種類。

定期購入プランはプロがおすすめをチョイスして配送してくれる「おまかせパック」と自分で銘柄を選ぶ「セレクトパック」があります。

定期購入の概要は以下の通りです。
下はおまかせパックの概要。

セレクトパックの場合は、お好みの銘柄を毎回届けてくれ、1本あたり220円の割引となります。

上記プランはビール2本の料金となりますが、配送は2~4本で配送間隔は2週に1回、4週に1回から選択可能。

都度購入の場合は銘柄によって料金は変動し、1本3,520円~。
注文は専用アプリやパソコンから可能です。

都度購入は銘柄によって価格が異なるので、定期購入で足りない分は都度購入で補うというのがよさそうですね。

 

料金はというと1.5Lで約3,500円とした場合、市販ビール350ml缶で考えると1本約816円。
決して安いとは言えませんが、全国のクラフトビールが本格ビールサーバーで楽しめるDREAM BEERのサービスは、ワンランク上のお家ビールを楽しみたいという方にはおすすめできるサービスだと思いますよ!

 

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

限定キャンペーンもあり!

下記注文ページから申し込みの場合はお得なキャンペーンがあります。

2022年6月現在のキャンペーンは以下の通り。

キャンペーンは予告なく変更となることもあるので、最新情報はDREAM BEER公式サイトでご確認ください。

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

DREAM BEERの口コミ評判

DREAM BEERはどのような評価を受けているのでしょうか?

以下口コミ評判をピックアップしてみたので参考にしてみてください。

みなさん思い思いにお家ビールを楽しまれていますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は会員制クラフトビール配送サービス「DREAM BEER」についてでした。

DREAM BEERは「家で本格的なビールを飲みたい!」という潜在的ニーズに応えるべく、2021年6月にリリースされた、日本で初めて、全国各地の様々なブルワリーのビールを 家庭用本格ビールサーバーで楽しめるサービスです。

家庭用本格ビールサーバーで50ブルワリー100銘柄以上の中から好きな銘柄を自由に組み合わせて2本から注文可能。

自宅でのビール需要が高まる中、全国各地のクラフトビールを気軽自宅で楽しめますよ♪

充実したおうち時間になること間違いなしです。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

>>会員制ビール配送サービス【DREAM BEER】

 

(本記事の画像引用元:DREAM BEER公式サイトより)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お酒・飲み物
シェアする
TAKEWORLD

コメント