日本一高い日本酒なのに売切れ必至!零響-Absolute 0-の値段や味、口コミをチェック

お酒・飲み物

今回は日本酒の「零響-Absolute 0-(れいきょう アブソリュートゼロ)」について。

ロマネコンティというお酒をみなさんご存知でしょうか?
名前を聞いたことがあるという方は多いかと思いますが、ロマネコンティは極めて希少性が高く、「世界一高値で取引されるフランスワイン」です。

零響は「日本のロマネコンティ」とも呼ばれる超希少で超高級な日本酒。
そのお値段はなんと〇〇万円で、mlあたりのお値段は日本一!?!?

お値段も驚愕なのですが、超高級な日本酒でありながら、売切れ必至という人気にも驚かされる零響はどのような日本酒なのかを徹底調査してみました。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

零響とは?

「美味しい日本酒を造る」

零響はそれだけを追い求め、だただ「日本酒が好き」という純粋な気持ちで「最高」を目指した新澤醸造店の情熱が生み出した至高の日本酒です。

国内333本限定という希少性も相まって、零響は日本一高い日本酒としても知られています。(mlあたりの定価)
極めて希少性が高く、世界一高値で取引されるフランスワインとして知られるロマネコンティにちなんで、「日本酒のロマネコンティ」と呼ばれることも!

お酒好きなら一度は飲んでみたい日本酒ですね!

零響はボジョレーのように毎年その年のお酒が販売されており、超高級酒ながらも予約が殺到するお酒ですよ!

>>零響公式販売サイトはこちら

 

零響の概要

零響の商品概要は以下の通り。

零響-Absolute 0-
商品名・容量「零響(れいきょう)」-Absolute 0- 500ml
蔵元株式会社新澤醸造店(宮城県)
アルコール度数16%
使用米蔵の華(宮城県産契約栽培米)
精米歩合1%未満(0.85%)
おすすめの温度冷蔵庫から出して数分置いた、10℃程度が飲み頃です。
その後、グラスの中で空気に触れさせながら品温を上げていき、
味わいの変化をお楽しみください。
おすすめの酒器大ぶりのワイングラス
相性の良い料理脂の乗った白身のお造り、 旬の貝類、 牛タン、
ヴィシソワーズ、ブルーチーズ、 メロンなど

>>零響公式販売サイトはこちら

 

お値段は?なぜ高い?

日本一高い日本酒「零響」のお値段は驚愕の385,000円!
しかも1升(1.8L)ではありません!500mlでのお値段です。

普通のコンビニなんかで買えるお茶のペットボトルのドリンクと同じ量でですよ!?
ただただ驚きです…
ではなぜこんなにお高いのかというと、製造の手間と希少性が半端ないからです。

 

世界唯一の精米歩合0%台

日本酒は精米、発酵、仕込みという工程を経て作られます。
一般的な日本酒であれば完成までの期間は約60日間とのこと。

では零響はというと、なんと精米だけで5297時間(221日)という果てしない時間をかけています!普通の日本酒であれば3~4回は製造できちゃう期間です!

精米とはお米を磨くこと。
お米の芯を傷つけず、丁寧に精米を行うことでお米そのものの美味しさを引き出すことができ、「零響」はお米の美味しさを限界まで引き出し、「精米歩合0%台」を実現した日本酒。

「精米歩合0%台」って何?と思う方もいるかもしれませんね。

精米歩合はお米の何%を使用してお酒をつくるかの指標ともなっており、たとえば日本酒でよく耳にする大吟醸は精米歩合50%以下の日本酒を指します。
精米歩合で考えるとお米全体の50%以上を削り、残りの50%以下の部分だけでお酒を造ったものが大吟醸になります。

精米歩合が低いものほど、高級酒に位置付けられます。

零響はというと、なんと「精米歩合0%台」であり、これは世界で唯一。

正確には、精米歩合0.85%。つまり、お米全体の99.15%を削り、残りの0.85%の部分だけで零響は作られています。

精米歩合の%が下がるほどお米が傷つきやすくなり、磨くには高い技術と時間を要します。
零響は精米だけで5297時間(221日)という果てしない時間をかけ、丁寧にじっくりお米を磨くことで、純白の砂のように小さなお米を作り、お酒にしています。

その途方もない手間が驚愕のお値段へとつながっています。

 

国内333本限定という希少性

国内では333本のみの限定流通、取り扱い店もごく少数というのが高級な理由の2つ目。

誰もが零響を手にできる訳ではありません。
また、お酒の作り方だけでなく、零響のこだわりはボトルや外装にも及びます。

零響のラッピングされた高級感溢れる朱色の化粧箱を開くと現れるのが、見たことのない組子箱。
一段一段、コトコト…と心地よい音を立てながら開いていく様子に、あなたもつい心が踊るはず。

この唯一無二のギミックボックスは、伝統工芸士である土佐組子の岩本大輔氏によって一つ一つ手作りされており、1日最大で3つしか作れない特注品。

味だけでなく、見た目も一級品の零響は、様々な職人の魂の込もった逸品となっています!

>>零響公式販売サイトはこちら

 

味は?

零響の味の特徴を簡潔にまとめると、「透明感」のある「甘み」「旨味」の「キレ」と「余韻」。

零響は、あえて香りが出る酵母を使用せず、お米本来の味わいを引き出すように造られています。
緻密な醸造過程とマイナス5℃の氷温熟成を経て完成されるその味わいは限りなくクリア。

葡萄や苺を思わせるやさしい香りと、滑らかでしっとりとした口のあたりが口の中でファッと花火のように彩ったかと思えば瞬時に消え去り、長い余韻だけが残ってくれます。

>>零響公式販売サイトはこちら

 

どこで買える?

零響は日本酒専門のオンラインショップ「さくら酒店」が公式販売サイトになっています。

その他Amazonや楽天市場などの大手通販サイトでの購入も可能です。

このお値段のお酒となると手元に届くまでの管理方法も気になるところなので、よほどのこだわりがない限り公式販売サイトでの購入をおすすめします。

零響の商品ページはこちら

 

口コミ評判は?

零響はどのような評価を受けているのでしょうか?

以下口コミをピックアップしてみたので参考にしてみてください。

飲んだ方の味の表現がこれまたおもしろく、「綺麗」「美しい」といった表現なのがおもしろいですね。
お値段に関してはやはり驚きを隠せないようですが…

 

どんなシーンにおすすめ?

零響は以下のようなシーンにおすすめ♪

本当に大切なハレの日に!
結婚式で心からお祝いしたい
成人を迎えた子どもと初めて酒を酌み交わす日に
大切な方の誕生日祝いに
事業の成功を祝して

インパクトのある贈り物に!
懇意にしてくれる取引先に
心からの感謝を伝えたいあの人に
お世話になっている日本酒好きのあの人に

自分へのご褒美に!
人生の節目に
大きな仕事を成功させた
ご自身の誕生日祝いに

その他お酒好きの方であれば、珍しいお酒のコレクションとしてもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は日本酒の「零響-Absolute 0-(れいきょう アブソリュートゼロ)」についてでした。

零響は「日本のロマネコンティ」とも呼ばれる超希少で超高級な日本酒。
そのお値段はなんと500mlで38万円超で、mlあたりのお値段は日本一!?!?

お値段も驚愕なのですが、超高級な日本酒でありながら、売切れ必至という人気にも驚かされます。

なかなか手が出ないという方も多いかもしれませんが、結婚式など人生に一度のハレの日にはぴったりかもしれませんね♪

気になった方はぜひチェックしてみてください。

零響の商品ページはこちら

 

 

(本記事の画像引用元:零響公式サイト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お酒・飲み物
シェアする
TAKEWORLD

コメント