マクセルのEMSもてケアをレビュー!痛い?パッド交換がきつい?腹筋を鍛えてみた!口コミも

フィットネス

今回はマクセルのもてケアシリーズのレビューです。

EMSは動かずに電気を流すだけで筋トレを勝手にやってくれる、運動が苦手な人や飽きっぽい方でも挫折しない筋トレ方法。

そんなEMSの特徴や効果的な使用方法を確認しつつ、今回はマクセルのもてケアシリーズを腹筋に使用してみた感想、他の人の口コミなどをまとめてみました。

結論から言うとかなり効きます!

TVやスマホを眺めている間にできちゃう筋トレなので楽をしたい方には特におすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EMSとは?

EMSとは、「Electrical Muscle Stimulation」の頭文字をとって略したものであり、日本語で言うと「筋電気刺激」
文字通り筋肉に電気の刺激を与えて筋肉を動かし、トレーニング効果を得るしくみのことです。

筋肉を動かす際には下の図のように脳から筋肉に命令を出して動かします。
EMSはその脳からの信号のかわりに電気的に筋肉に刺激を与えて動かします。

引用元:マクセルHP

一般的にはパッドやシート状の器具を肌に密着させて電流を流して筋肉を動かします。

通常の筋トレではなかなかきたえるのがむずかしい部分にも、中周波~高周波の電流で効率よくトレーニングできるのがEMSの利点です。

本来ならコツコツと自力でキツイ筋トレを行う必要がありますが、動かずに電気を流すだけで筋トレを勝手にやってくれるEMS。

EMSは運動が苦手な人や飽きっぽい方でも挫折しない筋トレ方法ですよ。

EMSの効果的な使い方は?

電気を流すだけで勝手に筋トレしてくれるEMS。

ですが注意しておかないといけないのが、EMSは「脂肪は減らない!」ということ。
脂肪には水分がないので電気は伝わりません。
ただし、EMSによるトレーニングで筋肉量を増やすことにより、基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすいカラダを作ることはできます。

なので痩せたいという方は、食事調整や日常生活見直しとEMSによる筋肉増加と組合わせ、より痩せやすいカラダ作りをするというのが効果的ですよ。

そんなEMSですが、今回はMaxcell(以下マクセル)のもてケアシリーズを使用してみたのでその感想をまとめてみました。

マクセルってどんな会社?

マクセル株式会社は、電池、磁気テープ、光学部品、理美容、健康、医療などの製造・販売、CD、DVDなどの光ディスクの販売を行う大阪を発祥とする日本の会社です。

旧社名は日立マクセル株式会社(ひたちマクセル、英: Hitachi Maxell, Ltd.)で、日立グループに属していました。
若い方はなじみがないかもしれませんが、もともとは音楽用オープンリールテープや音楽用カセットテープを日本初で製品化し、1966年7月に発売を開始したことから始まっています。
その他にもアルカリマンガン乾電池や酸化銀電池を日本初でそれぞれ製品化しています。

一時期は日立製作所の子会社となっていた時期もありますが、2021年10月1日に現在のマクセル株式会社ができています。

そんなマクセルから販売されているEMS運動機器が「もてケア」シリーズ。

その中から腹筋を鍛える4極タイプのものを使用してみました。
結論から言うとかなりお腹に効きます。

もてケアをお腹に使ってみた

使用した機器

使用した機器はこちら。

もてケア EMS運動器 4極タイプ MXES-R400YG

サイズ
本体:幅165×高さ165×厚み10.5mm
ゲルパッド:幅56.5×高さ56.4×厚み0.85mm

原材料・成分
本体:シリコン、ABS樹脂、ゲルパッド:ハイドロゲル

使い方は?

まずは充電

使用前に充電します。
充電端子はMicro USBタイプ。

ゲルパッドを貼る

ゲルパッドを貼り付けて使用します。
ゲルパッドは使い続けるうちに粘着力が弱くなっていくので、使えなくなった際には交換が必要になります。
パッドは別売りされているので予備に1セットあっても良いかも。

鍛えたい部分に貼ってスイッチON

スイッチON
ボタンは3つのみ。電源ボタンと強弱設定の±ボタン。
使用開始は真ん中の電源ボタンを押してスイッチON。
※途中でやめたいときは電源ボタン長押しでOFFになります。

強弱を設定

強弱設定ボタンで鍛えたい強さに調整。
強弱のレベルは全20段階です。

時間がきたら自動終了

時間がきたらピーピーピーという音共に、電源が切れます。
1回の使用は約20分にです。

使ってみた率直な感想

痛い?効果は?

強弱ボタンで強さが調整できるのですが全20段階あります。
「20段階もあるならまぁ5くらいまでなら余裕でしょう」ということで、レベル5から始めてみたのですが…
「5でも痛いっ!!」
鍛えている方なら大丈夫かもしれませんが…私にはきつかったです。

あとちょっとマイナスに感じたのが使用中の強弱レベルがわからないという点。
レベル表示があるわけではないので今が何レベルなのかがわかりづらいです。
なので私は使用する際にはONの後に一度レベル1まで下げてから徐々にあげていくという使い方をしました。

剥がれる?

パッドを繰返し使用していると粘着力が弱まり、「なんだか剥がれそう…」といった感覚になることがありました。
その場合はパッドの交換が必要になりますね。
ですがパッドもそれなりのお値段なのでそんな頻繁には替えられない…なので私は口述する方法で粘着力を復活させて使用しました。

反応しない?故障?

肌が乾燥していたり、うまく貼れていなくて電極が浮いていたりすると動作しないことがあるようです。冬場などで肌が乾燥しているときは、一度肌を保湿してから使うとよいかも。

他の人の口コミや評価は?

初めは痛い
強さに関しては初めての時は慣れていなかったので、少しでも上げるとかなりの刺激を感じましたが、数日で慣れてきて、2桁まで上げても耐えられないような痛みを感じることはなくなりました。

引用元Amazonより

こちらに関しては私も同意見です。
初めて使用した時は低レベルでも痛かった…ですが数日で慣れてレベルを上げても大丈夫になりました。
鍛えられたということではないでしょうか?

ジェルパッドは丁寧に
ジェルパッドは安くはないのでそこがコストに直結しますが、丁寧に扱えば(特に剥がす時に)かなり長持ちするようです。

ジェルパッドが高い
毎日使ってたので、なんだか気持ち悪くて変えのジェルパッドは1ヶ月に一度変えてました。地味にジェルパッドが高いです。

引用元Amazonより

こちらに関しても同意見です。
ジェルパッドは安くはないので丁寧に扱うことをおすすめします。

他の運動との組合せやマッサージ機としても
腹筋を鍛える道具と言うよりもマッサージ機として使っています。腹部はもちろんなのですが、ふくらはぎや太ももにも。電池の持ちも十回ぐらいは平気で使えます。筋肉をつけたいと言う時は、摂取カロリーも重要なので、これだけに頼ることの無い様に。私は腹筋と、ウォーキングを併用して使っています。

引用元Amazonより

 

確かにレベルを上げるとキツイのですが低レベルだと心地いい刺激でマッサージ機としても良いかも。
EMSで効果的にトレーニングするためには食事や他の運動と合わせるのは大切です。

コスパ最強
コストパフォーマンスはこれが一番
毎日使ってます。思ったより値段もお手頃で良かったです!

引用元Amazonより

私も国内メーカー品でコスパ良しで選びました。
ですが先のジェルパッドの交換もあり、コスパの評価は分かれています。ですが、ジェルパッドは水洗いして丁寧に使用することで長持ちさせられますよ。

パッドが高い?

口コミでも多くみられたのがジェルパッドの交換頻度と価格について。

ジェルパッドについてはこのように交換用のものが別売りで販売されています。

ですが決してお安いものではありません。

安くすませるなら使用後に水洗いするのが良しです。
パッドがくっつきにくくなるのは表面の汚れやパッドの水分不足(硬化)が原因。
水洗いして表面の汚れをとりつつ、パッドに水分を与えてやりましょう。
かなり回復してくれますよ!!

とはいえ、いつかは交換が必要になります。
その場合は交換しましょうね。

もてケアシリーズ一覧

今回私が使用したものは4極タイプのもの。
その他2極タイプ、6極タイプなどがあります。
形もいろいろあるので、腹筋だけでなく、太ももやふくらはぎといった足部分や二の腕など気になる部分に合わせて選びましょうね。

※一部生産終了品もありますが、Amazonや楽天などではまだ購入可能です。私が使用していたものも生産終了品のようです。

脚用なら「もてケア Foot」

足裏、ふくらはぎ、もも、おしり、脚全体のトレーニング可能な脚用EMS運動器。
リモコン付きで操作しやすく、ゲルシートが不要。
薄くて軽い素材を使ったコンパクト設計、折りたたんで収納可能。

ACTIVEPAD「もてケア Pro」

筋繊維の方向にあわせやすい電極配置とオリジナルのプログラムを搭載
薄くて柔らかいシリコン素材で体にフィット。
フィッティングベルトが標準で付属してくれるのがうれしい。
充電はUSB Type-Cを採用。
その他「トレーニング記録シート」が付属されています。

女性向けの「もてケア Pro for Woman」もありますよ。

 

その他の商品

 

まとめ

今回はマクセルのもてケアシリーズのレビューでした。

マクセルに限らず、EMSは動かずに電気を流すだけで筋トレを勝手にやってくれる、運動が苦手な人や飽きっぽい方でも挫折しない筋トレ方法です。

海外品であれば安いものはたくさんありますが、国内メーカのものでしたらマクセルの「もてケアシリーズ」は比較的安価なのもGOODです。

EMSで脂肪を落とすことはできませんが、食事調整や日常生活見直しとEMSによる筋肉増加と組合わせることで、より痩せやすいカラダ作りが目指せますよ。

TVやスマホを眺めている間にできちゃう筋トレなので楽をしたい方には特におすすめです。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

マクセル以外にもEMS機器はたくさんあります。
気になった方はぜひチェックしてみてください。

Amazonでチェックする

楽天市場でチェックする

Yahoo!でチェックする

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フィットネス
シェアする
TAKEWORLD

コメント